寝具ソムリエが本気で厳選した、毎日ノンストレス生活直行の枕ランキングはこちらをクリック▶

【寝具ソムリエが本音評価!】モットン枕を実際に買った感想・評価を口コミレビュー!

枕変態しょうや
寝具ソムリエほか資格5種保有。枕に30万円以上を費やし、あらゆる枕で寝まくる枕の変態、しょうやです!
詳しいプロフィールはこちら
  • 【新常識】「ま、安い枕で妥協しとこ」にサヨナラ!
枕って、実は1回使ったあとでも、なんと定価の9割以上で売れることも!
「新しい枕、高いやつ買って失敗したらお金もったいないし、安いので妥協しよ」そんな体に優しくなさすぎる妥協から解放される、意外な真実。
これさえ知ってれば、見た目は価格が高くても、体が劇的にラクになって毎日グッスリになれる、本当の意味でコスパのいい枕を迷いなく選べて、毎日ノンストレス生活へ直行です。

>>【寝具ソムリエ直伝】最高コスパの枕買い物術&使った枕の高値売却術!
ここにタイトル
  • 「モットンって、すごい評判いいらしいけど、実際どうなの?」
  • 「あんまりよく寝れてないんだけど、モットンに変えたらよく眠れる?」
  • 「『首・肩対策枕』っていってるけど、ホントに効くの?」

楽天ランキング5冠・評価4.21、顧客満足度91.4%、累計販売数10万個突破…
などなど、枕の評価とは思えないようなすさまじい数字が並び、やたらと評判のモットン枕。
様々なテレビや雑誌でも取り上げられ、さらに全国のホテルでも取り扱うところが続出と、すさまじい勢いです。

そこで今回は、「モットンに興味はあるけど、本当の使い心地を知りたい!」と思っている方に向けて、
モットンを実際に使用してみた結果を、第三者目線で評価することにしました。

枕変態しょうや
ネタバレ:これ買って、「失敗した…」なんてことはまずありえない。

総合点 88
素材・詰め物 ナノスリー(高反発ウレタン)
硬さ やや硬め~硬め
(購入時に「柔らかめ」or「硬め」選択可)
高さ 自由自在(3~11cmの範囲で調節可能)
大きさ 標準(55cm×40cm)
価格 17,800(90日間返金保証あり
モットンは、大量の枕を試しまくってきた中でも、はっきりイチオシできる数少ない枕のひとつ!当サイトのランキングでは、堂々の3位です。
とにかく、高さ調整機能が優秀すぎる。加えて、非常に高機能で睡眠への貢献度もバツグンです。
様々な面で死角のない、ものすごく満足度の高い枕です!

\返金保証があるのは公式HPのみ!/

Contents

モットンを実際に使ってみた率直な感想

結論から言って、素晴らしいです。
「熟睡感◎・体への負担軽減◎・コスパ◎」と、死角なし。

睡眠の質アップから日々の肩こりなど体調不良軽減まで、あらゆる面で生活を快適にしてくれます。

モットンを実際に使ってみた感想
  • 高さ調節機能が最強
  • めちゃめちゃよく眠れる
  • 肩こり・首こり解消もばっちり
  • 枕カバーの手触りが至高

順番にお話ししていきます。

高さ調節機能が最強

まず、何よりも重要なこととして、「枕の高さが合わない」という事態が、ほぼ起こりません。

「枕が高い気がする」「ちょっと低いなあ」…枕を変えたときのあるあるじゃないでしょうか。
そしてこの「高さの不一致」は、あなたの睡眠と健康に、確実かつ残酷なほどに悪影響を及ぼします。

枕変態しょうや
ぼくもかつて、高さの合っていない枕のおかげでどんだけ痛い目を見たことか…(当時は気付かなかったけど…)

高さが合わないということは、寝てるときの首の角度を自然に保てないということ。
ですが、首は全身の神経の中枢部です。

ここに不自然な負担をかけたまんま寝ると、肩がこったり、頭痛がしたり、手がしびれたり…いろんな悪影響が体中から噴出します。

ところがモットンの場合は、この「高さの不一致」をほぼ確実に防んですよ。

枕変態枕変態しょうや
これは、首への負担、さらに不眠や肩こり・頭痛などを考えるうえで、最強のアドバンテージといっても過言じゃない!

なんでそんなことが可能なのか?
これは、モットンに高さ調節機能がついていることによるものです。

詳しい機能的なことは後ほどお話しするのですが、その調節幅ときたら、単に「高め」「低め」を選択するという次元ではないです。
んと50通りもの調節が可能。

50通りといわれてもピンと来ないかもしれないので、下記を見てみてください。
これが、モットンで調節できる範囲での、最も低い状態と最も高い状態の比較です。

全然違うのがわかると思います。
そして、モットンが対応可能な高さは、この両者の間を50分割した分ということです。

枕変態枕変態しょうや
そこまでできるなら、自分にとっての理想の高さが絶対どこかにあるだろうというのは、想像できるはずだ!

ちなみに、ぼくに合うように調節した結果はこちらです。

目線も真上からちょい下くらいに保たれ、首への負担も全然感じず、寝返りも非常にスムーズな、理想的な状態がかんたんに作れました。

ちなみに、50通りもの高さと聞くと調節に手間がかかりそうなイメージかもしれませんが、やってみるとせいぜい5分ちょっとで終わりますので、お手軽です。
こちらも、あとできちんとお話しますね。

枕変態しょうや
「高さが合わないかも」っていう枕選び最大のハードルを簡単に超えられる…このメリットは本当にでかすぎる!

\返金保証があるのは公式HPのみ!/

めちゃめちゃよく寝れる

モットンで寝てみたら、初日から思いっきり快眠でした。しっかり熟睡です。

こちらは、ぼくもそうですが、妻のアキもまったく同様。
というか、アキはぼく以上に感動していました。

アキに合うように高さ調節してみて貸してみたところ、翌朝なんだかやたら晴れやかな表情で、

アキ
なんかいきなりめっちゃよく寝られたんだけど!すごくない!

これ、ほんとにすごいと思いました。

アキには不定期に色んな枕を貸してるんですが、アキは枕に結構敏感みたいで、普段は大体3~5日程度寝てみないと違和感が消えなんだそうで。
(しかもこのとき、前日までアキが寝ていたのは、「スリープマージピロー」という、めちゃめちゃ柔らかい感触の枕。モットンは結構固めなので、性格が真逆ともいえるはず。)

なのに、いきなり熟睡ときました。

アキ
枕借りて初日からいきなりめっちゃ寝られたの、初めてだ…!

やっぱり、高さが合う枕では当然のごとく快眠になりますね。

ただ、モットンで快眠できるのは、単に高さ調節機能があるからというだけではないと思うんですよ。

  • 自然と首の後ろのすき間が埋まる形状
  • 不必要に頭が沈み込まず、寝返りを邪魔しない素材の反発力
  • 調節した理想の高さが睡眠時もそのまま保たれるつくり

確実に熟睡できる工夫が散りばめられているからこそでしょう。
これも細かいことは後で説明しますが、とにかく素晴らしく熟睡できます。

「よく寝れない…」という人には、確実に大きな助けになってくれます。

枕変態しょうや
モットンの熟睡度はきわめて高い!これは実感を込めてお伝えできる!

肩こり・首こり解消もばっちり

さらに、モットンで寝て起きた翌朝は、不快な肩や首のこり・痛みもほぼ感じません。

横になっているとき、「体のどこかに変な力が入っている感」が全然ないす。
朝起きて、肩を伸ばしてみたり首を回してみたりなど、余計なことをする必要もなし。寝てる間だけじゃなく、起きた後もめっちゃ快適です。

もしあなたが朝起きたとき、肩・首のこりや痛みに悩まされているなら、モットンは確実に助けになってくれるはずです。

起きたときの肩・首のこりは。枕の高さが合っていないことによる可能性が高いです。
「こる」ということは、筋肉がリラックスできていなかった結果。高さが合ってない枕は、首や肩に余計な負担をかけるので、筋肉の非リラックス状態を作り出します。

逆に言えば、「高さを確実に合わせられる」モットンなら、「肩こり・首こりの最大の発生要因が存在しないも同然」ということです。

枕変態枕変態しょうや
それでもこりが出るなら、もう枕以外の要因を疑うべきではないかというレベル。
それくらい、モットンは肩こり・首こりに強いと言っていい!

枕カバーの手触りが至高

ちょっと目立ちにくいところですが、カバーの手触りが非常にいいです。


なかなかGIF画像だと伝わりにくいですが…

説明するなら、ベロア調?といえばいいのでしょうか。
短い毛足があってふわふわ感もあり、それでいてサラッとした手触り。触ってて気持ちいいです。

これに関しては、ぼくよりも特にアキが気に入ったよう。
一晩中顔・頭と直に触れ合うのは枕カバーなので、カバーが快適かどうかというのは案外重要です。

アキ
これめっちゃきもちいーね…
枕変態しょうや
カバーの触り心地が微妙…という理由で寝つきにくくなる繊細さんには、大きなメリット!

 

\返金保証があるのは公式HPのみ!/

モットンの機能・高さなどの基本情報

ここからは、モットンの機能面についてお話していきます。

モットンの持つ機能について

高さ調節機能

まずは、モットン最大の特徴でもある、高さ調節機能についてお話しします。
これのおかげで、枕の高さがとにかく自由自在です。

モットンには、全部で6枚の高さ調節シートがついています。
シートは2種類あって、フルサイズのものが4枚、ハーフサイズのものが2枚。


このシートを入れれば入れるほど高さが上がり、抜けば低くなるいうわけです。
(届いた時点では、全部枕の中に入った状態です。)

ちなみに、調節シートの収納場所については、
まずフルサイズのシートは、枕の側面のファスナーに4枚が入ります。

ハーフサイズのシートは、底面に入ります。底面の中心部に2つファスナーがあるので、そこから。

さらに、枕そのものに高い側・低い側がある2WAY設計です。
自分に合う方を選んで使います。

以上、これらの組み合わせで、頭を乗せる部分の高さが決まるというわけです。

数字でいうと、3~11cmの間で高さ調節ができます。

左が、調節シートを全部抜いて、かつ低い方に頭を乗せた状態(3cm)。
右が、調節シートを全部入れて、かつ高い方に頭を乗せた状態(11cm)。

この間で、理想の高さに調節していくというわけです。

枕変態しょうや
3~11cmって、子供から相当大柄な人まで、ほとんどの人をカバーできるサイズ!「自分には合わせられないかも…」という不安は、まずいらないから安心だ!

高さ調節の方法:5分で終わります

では、実際にどうやって高さ調節をするのかの方法についてお話しします。
「調節」と聞くと、「めんどくさそう…」と思いがちですが、せいぜい5分程度で終わりますのでお手軽です。

枕の高さの考え方は色々ありますが、ここでは公式からのメール案に従ってやってみます。
下記が公式からのメールです(すぐ実際の過程を見せますので、無理に読まなくて大丈夫ですよ)。

要するに手順としては、「頸椎測定→枕調節」の2段階で行うとのこと。
早速やってみましょう。アキにテスターになってもらいました。

① 頸椎測定

壁に背中をつけて立って、壁と首が1番遠いところを測ります。

アキの場合は、約5.5cmくらい。女性にしては深めですね。たぶん、若干ストレートネック気味なのも関係してるでしょう。

この数字が、頭を乗せた高さの数字の目安になります。

② 高さ調節

さて、枕の高さ調節に移ります。
モットンを横から見たとき、「高い側」と「低い側」がありますが、とりあえず「高い側」を使用しましょう。

こちら側の高さは、高さ調節シートなしで約5cmといったところ。
しかし、頭をのせると約2cmの沈み込みがあるので、頭を乗せた状態で5cm強にするには、高さ調節シートが2~3枚必要な計算になります。

ということで、下図のように3枚分の厚みを入れて、寝てもらいました。

このときのチェックポイントは、

  • 首の下に隙間がないか
  • 目線が真上か少し下くらいを向いているか
  • 寝返りがスムーズに打てるか

などです。

今回は、この時点で、

アキ
あ、これいいかも!

となったので、めでたく終了です。
もし上記のチェックポイントを満たさないなら、プラスマイナス1枚などの調整を加えて、合わせていけばOK!

枕変態しょうや
書くとちょっと長いけど、実際やってみると結構あっという間!5分かそこらで終わるから簡単だ!

モットンの構造

枕の形状として、このように意味ありげなカーブを描いています。

この形状が、ほどよく首~頭にかけてのフィット感を生んでくれます。

このように表面形状を工夫した枕は、フィット感はあるものの寝返りに邪魔で、かえって睡眠に悪影響というものも多いです。
ですが、モットンに関しては全く寝返りの妨げにはなりません。

モットンの素材は超高機能

これらに加えて、モットンの素材は超高機能です。
紹介するべきことがたくさんありすぎて困るのですが、ここでは3点だけピックアップして紹介しますね。
(下記、写真・引用文とも、すべてモットン公式HPより引用しています。)

  • まず1つ目に、素材の持つ反発力。

寝返りがすごく打ちやすいと思えたのは、このおかげでしょう。

  • 2つ目に、超高密度。

密度がスカスカだと低耐久になってしまいますので、つまりは高耐久だということです。
数値でいうと、「70D」。

ちなみにこの「D」という単位、マットレスでもよく使われる密度の単位なのですが、マットレスでも「30D」でけっこう高耐久の部類に入ります。
つまり「70D」は、枕としては桁違いの部類に入るでしょう。

確かに、実際にモットンを持ってみると、普通のウレタン枕と比べて、あきらかにずっしりしています。

結果として、

約11年間使用しても、0.04%へたる程度ということになります。
(中略)モットン枕は、その他の枕と比較して、約3倍の耐久性を誇る結果となりました ので、一度の購入で長くお使い頂け、綺麗な睡眠姿勢を支えつづけます。

と、10年以上使ってもほぼへたらないという、ありえない高耐久を誇ります。

  • 3つ目に、清潔・安心。

枕は、1日7時間、年間2555時間も自分の顔や頭、首に直接触れるものですから、清潔感はめちゃめちゃ大事。
そんな中、これだけのテストで清潔度が裏打ちされていると、安心感が非常に高いですね。

\返金保証があるのは公式HPのみ!/

硬さ:やや硬め~硬め

モットンは、やや硬め~硬めの枕といえます。

まさに「高反発」という感じで、手で押すと「グッ」と跳ね返ってくる感覚が強いです。
少なくとも、柔らかく包みこんでくれるような感覚ではありません。

実は、モットンは購入時に「硬め」と「柔らかめ」が選べます。
ぼくは「柔らかめ」を選んだので、上記は「柔らかめ」の画像ですが、それでもそこそこ硬です。

もちろん、板とか石のように固いわけではなくて、適度なクッション性も感じます。頭を乗せても、ちゃんと枕が首と頭を受け止めてくれる感じもあります。

とはいえ、「柔らかめ」でもこれくらいの硬さがあるので、
「硬め」はちょっとやそっとの硬さではないでしょう。

実際、後ほど紹介する口コミでも、「『硬め』を選んだら硬すぎた」という口コミもちらほら。

枕変態しょうや
相当の硬い枕好きでもなければ、「柔らかめ」を選ぶのがベターだ!

高さ:自由自在

高さについては、ここまでお話してきた通り、高さ調節機能のおかげで低めから高めまで自由自在です。

一応数字で説明すると、高さ調節シートは1枚1cmで、全体としては3~11cmの間で調節が可能とされています。
下記は、シートを1枚だけ出して本体の下に敷いてみた写真です。

繰り返しになりますが、
実際に最小値と最大値で寝てみた比較はこんな感じ。

枕変態しょうや
モットンなら「万人に合わせられる」といえる、1番の要因はこの幅広すぎる調節機能にあり!

 

\返金保証があるのは公式HPのみ!/

大きさ;標準

モットンの大きさは、標準的な大きさといえます。

シングルベッドに置いてみると、このようなサイズ感です。

ゆったり使えるサイズといえるのではないでしょうか。
少なくとも、寝返りを打ったりするのに困ったり、枕から頭が落ちてしまったりすることはないでしょう。

なお、サイズの数値上の公称値は、ヨコ約55cm×タテ約40cm。

一般的に「普通サイズ」の枕が、【横63cm×縦43cm】といわれていますので、
数値上は普通サイズか、わずかに小さいくらいといえそうです。

※もっとも、もっと小さい枕が「標準」としてメジャーな販売店で扱われている印象も受けますので、本当に【横63cm×縦43cm】が「標準」なのかは、疑問ではあります。
枕変態しょうや
いずれにせよ、頭を預けるにはまったく問題のないサイズだ!

モットンの洗濯方法:本体洗濯不可


(使い込んでから撮影したので、シワが多くすみません…)

モットンは、本体・高さ調節シートともに洗濯できません。

モットンは、ウレタン素材の枕です。ウレタン素材の枕は、洗濯しようと水で濡らそうものなら、もう使えなくなってしまいます。
よって、本体のメンテナンスの方法は、陰干し一択になります。
日を当てると品質が大幅劣化してしまうので、日の当たらない風通しの良い場所で干しましょう。

一方、枕カバーに関しては洗濯可能です。

洗濯表示の説明をしますと、

  • 漂白剤使用NG
  • タンブル乾燥(乾燥機で回転させながら温風で乾燥させる)禁止
  • 洗濯機で弱い洗濯ができる。液温は40℃が限度
  • 日陰でのつり干し
  • 110℃まで&スチームなしでアイロンOK
枕変態しょうや
間違っても、本体を洗濯機に放り込むなんてのはNG!
また、カバーは洗濯できるけど、けっこう制限は多いから注意!

実際に使って感じたモットンのデメリット

ここまでよいことばかり書いてきましたが、モットンにもデメリットはあります。
実際に使って感じるデメリットは、下記のとおりです。

モットンのデメリットまとめ
  • 人によっては、初見の寝心地がそこまでよくない
  • 市販では枕カバーの替えが効かない
  • 調節シートの出し入れに困る

人によっては、初見の寝心地がそこまでよくない

まずモットンは、人によっては、初見の寝心地の印象がそこまでよくないかもしれません。

というのは、モットンはかなり硬めの枕です。硬さ選択で『柔らかい』を選んでも、枕としてはやや硬めの部類に入ります。
「モットン」というかわいらしい名前から、ふわふわした感じの枕を想像していると、ずいぶんイメージからずれると思います。

個人的には適度な感覚で、「普通に寝心地いいかな」としか思いませんでしたが、
アキの第一印象は決して良くなかったようです。

アキ
なんか、硬くない?フィット感はあるけど…う~ん、微妙……?

まあ、最初はこう言っておきながら、ふたを開けてみたら初日から熟睡だったのは先ほどお話した通りなのですが…笑

ただそうはいっても、「柔らかい枕でないととても寝れない」という方もいますし、
そういう方が無理を押してまでモットンを選ぶ必要はないなと感じます。

枕変態しょうや
ただし、寝る前数分の好みは置いといて、睡眠中数時間をベストな状態で過ごすには、これくらい硬さがあってOK!
あくまで、「どーーしても柔らかくないと寝れない!」という人にとってのデメリットでしかないということは、強調しておきたい!

市販では枕カバーの替えが効かない

モットンは、市販では枕カバーの替えが効きません

なにせ、高さ調節シートがこれだけ豊富に入る枕カバーなんて、市販で売っているわけがありません。

汚してしまった場合などは、2700円で公式ショップからカバーだけ購入することはできます。
(モットンを購入した後に案内のメールが届きますので、そちらに記載されているリンクから購入可能です。)

このため、「カバーが汚れる=もう使用不可能」という悲惨なことにまではなりませんので、そこは安心できます。
しかし、「汚しちゃったから今日だけ一時的に市販のカバーを代用しよう」といったことがしにくいというのは、ややデメリットかなと感じます。

調節シートの出し入れに困る

これは最大の高さに調節する場合に限るのですが、高さ調節シートが出し入れしにくいです。

具体的には、フルサイズのシートを4枚全部入れると、パンパンになってファスナーがすごく締めづらいです。

もちろん、ちょっと頑張れば入るには入るのですが、もう少しスムーズだと使いやすいだろうし、ちょっと惜しいかなと感じました。
とはいえ、余裕があったらあったでカバーがダボつくので、実はこれがベストなのかも?一長一短です。

枕変態しょうや
177cmのぼくが2枚か3枚か?で悩むくらいなので、4枚必要な方はかなり限られた層になる……が、実際に必要な方にとってはちょっとめんどくさいかも?

実際に使って感じたモットンのメリット

一方、実際に使って感じたモットンのメリットは下記のとおりです。

モットンのメリットまとめ
  • どんな人にでも合うポテンシャル
  • 熟睡感も高く、体への負担も極小
  • コスパが高い

こちらも順にお話していきます。

どんな人にでも合うポテンシャル

モットン最大のメリットは、どんな人にも合う枕になれるポテンシャルだと思います。

もしあなたがモットンを選んだとして、その選択が「ハズレ」になる可能性は、非常に低いといえます。

まず、枕選びで失敗する最大の要因は、多くの場合「高さ」なんですね。
その点、モットンの高さ調節は猛烈に幅広いですから、高さで失敗することはまずありえません。

繰り返しになりますが、これだけの幅の間で50段階調節可能ですからね。


これだけ精密に高さを合わせられる枕は、他には存在しません。

そして高さが外れないということは、枕による理想の寝姿勢作りの、最初にして最重要のハードルを確実に超えられるということです。

枕変態しょうや
だからこそ、「万人に合うポテンシャル」といえる!

熟睡感も高く、体への負担もない

モットンは、熟睡感も高く、体への負担も感じません。

ある程度のフィット感がありつつも、寝返りも打ちやすく、変に首が固定されてしまうこともありません。

「あ~よく寝た~!」と、非常に気分よく起きられます。
そして、起き抜けの肩こりや首の突っ張った感じなども、全然感じません。

アキ
初日からいきなり気持ちよ~く寝られました!

「朝起きたら首が痛い」とか、「なんか全然寝れないや…」といった悩みとは、まるで無縁でいられるようになりました。

枕変態しょうや
いくら高さが合ったって、やっぱり寝れない枕は寝れないもの…けどモットンは、そんな心配もいらない!

コスパが高い

加えて、モットンは非常にコスパが高いと感じます。

値段は17,800なので、値段自体が安いとは言いませんが、
50段階の高さ調節があるので、ちょっと見方を変えれば同シリーズの50個の枕を省スペースで手に入れているのに近いです。

それでいて、ありがたいことに返金保証があります。

返金保証というのは、実は枕のお試し制度としても非常に優秀。
店舗などで試すと、いいとこ数分寝てみて終わりですが、返金保証であれば実際にその枕で実際に何日も睡眠をとって試せます。

加えて、10年間は持つという圧倒的な高耐久
10年間使うなら、1日5円とかですからね。ほぼタダ(笑)

枕変態しょうや
17800という数字は確かに高いが、「安物買いの銭失い」の対極にいるような感じで、総合的なコスパは全枕の中でもトップクラスといっていい!

 

\返金保証があるのは公式HPのみ!/

モットンの口コミ・評判を徹底調査!

ここでは、モットンの口コミや評判を徹底調査した結果をまとめ、分析していきます。

悪い口コミ・評判

おデブちゃんなので硬めを選びました。あまりの硬さに頭が痛くなり、首も痛くなる始末
なので父親にあげました。買うなら柔らかめを買いましょう。(引用元:Amazon
マットレスの口コミが良くて、枕と一緒に買ったのですが、全く効果を感じないどころか、とても寝にくいと感じます。
3か月使用しても不満であれば返品できると聞いていたので、返品しようとしたのですが、楽天で購入した場合は対象外とのことらしいです。
とても高い買い物でした。(引用元:楽天
届いて使うの楽しみにしてましたが、どんな高さに、調整しても次の日は肩凝りと、頭痛が激しく、全く合わず本当に残念です。
楽天購入だと返品も不可と言われ、処理に困ってます…本当に残念です。(引用元:楽天

良い口コミ・評判

今までいろいろな枕を使用してきましたが、朝起きると首の痛さや角度があわなかったりと、どうもしっくりとくる自分にあう枕がありませんでした。この枕は高さの調整ができたので購入し、使用してみましたが、この枕に変えてからは首の痛さが実感できるほど改善されました。へたりなどの耐久性などは購入後まもないのでわかりませんが、快眠できるので非常に満足しています。(引用元:楽天
結論から言います。凄い良いです。
自ら小刻みに高さ調整が出来ると、こんなにも違うものか、、、と正直驚きました。
これで長年続いた肩凝りからも解放されそうです。ありがとうございます。(引用元:楽天
やわらかめを購入しましたが、頭が沈み込まず安定しています。
眠りも深く、朝起きた時に肩、首が楽に感じスッキリしています。(引用元:楽天
合わない枕を使い続けたことによる首の痛みと頭痛から解放されたくて購入しました。6枚の高さ調整シートで細かい調整ができるので一週間さまざまな高さを試してベストの高さにし、その後痛みから解放されました。若い頃はどんな枕でも大丈夫でしたが、歳をとると身体にガタが来やすいようで、枕の高さの重要性を実感しました。これまではホームセンターなどで安価な枕を購入していましたが、良い睡眠を得て健康を維持するには、それなりの投資が必要だと実感しました。(引用元:Amazon
中のパットで高さを調節できるのがとても良いです。何枚も入っていて微調整がきくのですが、たった一枚でこんなに寝心地が違うのかとびっくりしたのと同時に、枕の大切さを改めて知りました。今まで夜中に目が覚めて枕を外したりまたつけたりしていたのに、この枕にしてからは寝返りもしてるだろうに、朝まで目覚めません。(引用元:Yahoo!ショッピング
恥ずかしながら今まで枕の重要さを分かっておらず、しま◯らで買った1,000円以下のぺしゃんこ枕を使っておりました…こんなにも違うのかと驚いています!これからも使い続けて快適な睡眠ができると嬉しいです。(引用元:楽天

モットンの口コミ・評判まとめ&分析

口コミをまとめていて感じたのは、悪い口コミが総レビュー数に反してやたら少ないなということです。
やはり、多くの人にマッチできるポテンシャルがあるのだろうなと感じます。

とはいえ、レビューの総数が非常に多いので、やはり悪い口コミも紛れています。
中身を見てみると、多くが硬い」「返金保証ができなかった」というものです。

「硬い」という口コミに関しては、そもそも硬さの選択を「硬め」にしてしまって後悔したという内容が目立ちます。
また、「返品できなかった」というのは、すべて公式サイトから購入していなかったのが理由です。
枕変態しょうや
結局、「公式サイトから『柔らかめ』を買う」だけで、ほとんどの悪い口コミをほとんどカバーできてしまうぞ!

一方良い口コミを見ると、高さ調節の結果、睡眠・体の不調がものすごく改善したという口コミが大量に出てきます。

高さを合わせられるというのは本当に強いですね。
普段いかに高さの合わない枕で寝ていることで辛い目に合っている方が多いか、伺い知れます

 

\返金保証があるのは公式HPのみ!/

ットンの最安値はどこ?比較まとめ

モットンの各販売サイトごとの最安値をまとめました。

結論から言うと、値段自体はどこのサイトからでも変わりません。
ただし、返金保証がついているのは公式HPのみです。

公式HP 17,800(送料無料・返品保証あり
Amazon 17,800(送料無料)
楽天 17,800(送料無料)
Yahoo!ショッピング 17,800(送料無料)

いくら万人に合う枕だといっても、やはり返金保証はあった方がいいでしょう。
よって、公式HPから購入するのがベターです。

枕変態しょうや
口コミを見ていても、「公式サイトで買わなかったばかりに返品できない」と後悔してる人は少なからずいます!

返金保証の条件・流れ

返金保証の条件は、購入から90日経過後、14日以内であることです。


(モットン公式HPより引用)

「買って1日試して即返金」などはできないというわけですね。
これは、「一時的に合わないと感じられたとしても、ある程度の期間は使ってみないと本当に合うかは分からないので、しばらくは使ってみてほしい」という販売会社の意向からです。

しかし、日数の条件を満たしていれば、ある程度汚れたりしていても返金が可能です。

そのため、故意的な汚れや破損以外の返品は全て受け付けておりますので、ご安心頂ければ幸いです。(今までに、汚れや破損が理由で返品を拒否したことはございません。)
(中略)
ご購入者様の約3.7% (※2015年12月末現在) の方からご返品がございます。(モットン公式HPより引用)

このように、返金の実績もきちんとあるので、「返金可を謳いながら実際はあれやこれやと結局返金が効かなかった」なんていう残念なこともなさそうです。

なお、返金保証の流れは、下記のとおりです。

モットンの返金保証の流れ
  1. 「本体・カバー・保証書(下記写真参照)」の3点を、販売元に送付します。
    ※【送付先】〒329-0607 栃木県河内郡上三川町西汗1662-1 不二ロジカーゴ3F モットンジャパン返品受付窓口
  2. 返品依頼フォームより返金依頼を行います。
  3. 商品が販売会社に到着したら、30日以内に指定口座に商品代金が振り込まれます。

万が一「90日使ってみてもダメだ!」という場合は、「購入から90日経過後、14日以内」という条件に気を付けて、早めに返金依頼をしましょう。

ちなみに保証書は、枕到着時に枕と一緒に梱包されてます。

返金保証がある枕というのは、一応少ないながらも他にもありますが、
ここまでしっかりした保証書がついているようなものは、もっと高価格の枕でもお目にかかりません。

枕変態しょうや
ものすごく充実したサポート体制!僕たちユーザー側からしても安心感が高い!

モットンのお試しは可能?販売店舗は?

モットンについては、お試しが可能な店舗などは存在しないようです。また、実際に販売している店舗もありませんでした。
残念ながら今のところ、ネットで購入するしか手段がありません。

とはいえ、返金保証があるので、買う前の安心感はとても高いです。

返金保証は超優秀!
返金保証は、枕のお試し制度としてもとても優秀。
ヘタに店舗などで一瞬試し寝などして判断するより、よほど確実に自分に合うかどうかをきちんとチェックできるといえます。
しかも合わなかった場合、送料は自分の負担になりますが、逆にいうと送料だけで17800円のものを90日もの長期間お試しできて、もし気に入ったらそのまま自分のものになる。
我々ユーザーとしては、ものすごく安心できる制度です。

\返金保証があるのは公式HPのみ!/

注文方法~手元に届くまでの流れは?

ここでは、実際にぼくが行った注文の方法や、注文後にモットンが手元に届いたときの状況をまとめました。

注文の流れのまとめ

①まずは、公式HPの、こちらの場所をクリックします。

②すると、ページが移動しますので、下記の場所をクリックします。
もし2個同時に買う場合は5000円引きになりますので、クリックするボタンを間違えないようにしてくださいね。

③続いて、枕の硬さ(硬めor柔らかめ)を選択し、「今のお申込内容で次へ進む」をクリック。
(よほどの硬め好きでなければ、「柔らかめ」を選ぶことをぼくはオススメします。)

④続いて、名前や住所・メールアドレスなど、必要情報を入力します。入力したら「次へすすむ」をクリック。

⑤お支払方法の選択画面に移りますので、お届け希望日・時間帯、支払方法などを選択します。ぼくは「最短お届け」で、「クレジットカード払い」を選択しました。
入力したら、「次へすすむ」。

⑥クレジットカード払いを選択した場合は、ここでカード情報を入力します。入力したら、「登録する」をクリック。

⑦最後に、注文内容の確認画面です。問題なければ、「注文を確定する」をクリックして、注文完了です。

⑧すると、このような画面に移動します。この画面は、同じ販売元からのマットレスの販売です。ここから購入すると、マットレスが5000円引きで購入できます。
マットレスが必要でないなら、ページを閉じてしまって大丈夫です。

⑨注文できていれば、このようなメールが届いています。

商品到着の状況

注文から2日後、商品到着です。早いですね。

かなり大きめの段ボール箱で届きました。ティッシュ箱と比べても、相当大きいです。

段ボールを開けると、さらに気合いの入った箱が出てきます。 

箱の中身はこんな感じ。非常に丁寧に梱包されている印象です。

ちなみに、このパンフレットのようなものは、同じ会社のマットレスの案内と、枕の保証書です。
この保証書は、もし返品するとなったら絶対に必要になるので、きちんととっておきましょうね。

モットンを買うべきでない人・オススメな人

モットンを実際に使って検証してみた結果や、口コミ・評判の調査などをして分かった、
モットンを買うべきでない人・オススメの人を解説します。

モットンを買うべきでない人

モットンを買うべきでない人は、下記のような方だと考えています。

モットンを買うべきでない人
  • 断固柔らかめの枕でないと寝られない
  • 予算は2万円以上あるので、最強の熟睡や肩こり解消が欲しい

モットンは弱点が非常に少ないので、オススメできない人というのもあまりいません。
唯一、「やや硬め」という特徴はあるので、「枕に求めるものは絶対に柔らかさ!」という方は、違和感を感じやすいかなと思います。

また、モットンの熟睡度や体への負担解消度は十分すぎるほど高いですが、
さらに次元違いの極上の枕も存在します。興味があれば下記記事をどうぞ。

合わせて読みたい

モットンがオススメな人

    一方、モットンをオススメできる人は、下記のような方です。
モットンをお勧めできる人
  • 朝起きたときの肩こり・首こりなどが気になる
  • どのくらいの高さの枕を買ったらいいのかわからない
  • もう「ハズレ」の枕を買いたくない
  • 硬めの枕を元々使っている
  • 柔らかめの枕を使っているが、デメリットが気になる
  • もしダメなら返金できる枕がいい

これらの方には、モットンは非常にオススメできます。
とにかく「買って失敗したー…」となってしまう可能性が極めて低く、それでも万一合わなければ返品までできるという鉄壁ぶり。きわめて安心感が高いと思います。

 

\返金保証があるのは公式HPのみ!/

サイト管理人プロフィール
  • 名前:しょうや
  • その正体:普段は普通のデスクワーカー、しかし裏では枕を愛し枕に命を懸けた枕の変態として活躍中
  • 保有資格:寝具ソムリエ、睡眠・寝具インストラクター、快眠セラピスト、安眠インストラクター、睡眠検定1級
  • 趣味:枕に頭を乗せる、枕を抱きしめる、枕を眺める、枕に埋もれる、枕を肴に酒を飲む
  • 覚醒のきっかけ:年中無休の肩こり首こり頭痛に不眠が、神枕のおかげで全消滅した
  • 詳しいプロフィールはこちら →【プロフィール】枕の変態ができあがるまで
  • 最高の眠りを求めて
あなたの1日の睡眠が7時間なら、年間2555時間もあなたの頭と首を直に支え続ける超必須健康グッズ。それが枕です。
その枕を適当に選んだら、あなたの体は大ピンチ!ぼくはそのせいで整体やら整形外科やら、大量のお金を使うハメになりました。
しかし、最高の枕を選べれば……あなたの生活は、突然革命を起こします。
 ⇒ 寝具ソムリエが本気で厳選した最強の枕ランキングBEST3を見る

  • 枕って、そんなに大事なの?
なんとなく選んだ枕を使ってる……それ、ちょっとやばいかも?
枕があなたの体に与える影響は、おそらくあなたの想像の10倍くらい大切なものです。
「えっ?枕ってそんな効果あるの?」という事実を知っておくだけでも、枕のせいで辛い思いをすることを防いでくれます。
 ⇒ 知らないと損する、枕が重要すぎる10の理由を見る
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA