【2021年最新版】寝具ソムリエが本気で厳選した、毎日ノンストレス生活直行の枕ランキングBEST3はこちらをクリック▶

【ポリエステル枕の洗濯】洗濯方法や枕ケアのポイントを解説!トラブル対処法も。

枕変態しょうや
寝具ソムリエほか資格5種保有。枕に30万円以上を費やし、あらゆる枕で寝まくる枕の変態、しょうやです!
詳しいプロフィールはこちら
  • 【新常識】「ま、安い枕で妥協しとこ」にサヨナラ!
枕って、実は1回使ったあとでも、なんと定価の9割以上で売れることも!
「新しい枕、高いやつ買って失敗したらお金もったいないし、安いので妥協しよ」そんな体に優しくなさすぎる妥協から解放される、意外な真実。
これさえ知ってれば、見た目は価格が高くても、体が劇的にラクになって毎日グッスリ、本当の意味でコスパ最高の枕を迷いなく選べて、毎日ノンストレス生活へ直行です。

>>【寝具ソムリエ直伝】最高コスパの枕買い物術&使った枕の高値売却術!

いきなりですが、

こんなお悩みありませんか?
  • ポリエステル枕って洗濯機で洗える?
  • 枕を干す時間帯とか頻度ってどれくらいがいいの?
  • 洗濯機で洗ったら変形してしまった…どうすればいい?

ポリエルテル枕は程良いクッション性があり、比較的安価で取り扱いの手軽さから、愛用者も多い枕のひとつでもありますよね。

そんな「ポリエステル枕派」のあなたに向けて、洗濯方法や日常のメンテナンス術からトラブルの対処法まで、詳しく解説します!

この記事ではこんなお話をします
  • ポリエステル枕は洗濯機でも手洗いでもOK!
  • 干す時の適切な時間帯や頻度について
  • 洗濯して枕が変形したり偏ってしまった時の対処法

少しでも長く快適に枕を使うための参考になればと思います。

ポリエステル枕は洗濯できる

まず結論から言うと、

ポリエステル枕は、
洗濯機でも、手洗いでも洗うことができます!

他にポリエステルわた」とか、「ポリエステルマイクロファイバー」などと洗濯表示マークに記載されているものでも、基本的に洗濯はできます。

中には洗濯機で洗えないものもあるので、洗濯表示マークの確認は忘れずに!
詳しくはこちら

それでは別々に解説します。

洗濯方法①:洗濯機で洗う

まず、洗濯機で洗う時は、洗濯ネットを使い、「ソフトコース」のような弱流水のモードを選びましょう。「洗濯ネットとソフトコース」は覚えて欲しいキーワードですね。

あとは、お使いの洗剤を入れていつも通りに洗濯して下さい。特に難しいことはないと思います。

ここがポイント

枕は衣類に比べてデリケートなので、

  • 必ず洗濯ネットを使う
  • 「ソフトコース」で優しく洗う

※「ネットソフトコース」と覚えておきましょう!

洗濯方法②:手洗いで洗う

もしあなたが、

「洗濯機で洗うのはちょっと不安…」
「汚れをしっかり落としたい」

という時は、手洗いで洗うことをおすすめします。

では、その手順をご紹介します。

手順
  1. 枕カバーから中袋を取り出す
  2. 中袋が浸かるくらいの洗面器などを用意する
    →どうしても無い時は、お風呂の浴槽などでも代用できます
  3. 中袋が浸かるくらいのぬるま湯(約30℃くらい)を張り、中性洗剤を入れる
  4. 汚れが気になる時は、30分ほどつけ置きしておく
  5. 両手の平で少しづつ力を入れながら、まんべんなく押し洗いする
  6. しっかりとすすぎをする
  7. 洗濯機で脱水をする
  8. 枕ハンガーなどを使って、天日干しで乾かす
ここがポイント
  • ぬるま湯を使った方が汚れが落ちやすい
  • 「すすぎ」や「脱水」は洗濯機でOK。「ネット+ソフトコース」は忘れずに
  • 枕ハンガーなどを使うと、枕の型崩れ防止や乾燥時間の短縮になる

日頃のケア「天日干し」!

日頃のメンテナンス術として、一番簡単で効果抜群な方法は、

天日干しをするという方法です。

天日干しのメリットとポイント

しかし、ただ日光に当てればいい、というわけではありません。
ここでは、ポリエステル枕を天日干しするメリット気をつけたいポイントについて説明します。

天日干しのメリット
  • 殺菌効果のある紫外線に当てることで、消臭や雑菌の繁殖を防ぐことができる
  • 枕内の汗などの湿気を飛ばすことで、フカフカになる
アキ
清潔で気持ちの良いフカフカの枕で寝られるなんて、想像するだけでテンションがあがっちゃうー!

 

天日干しのポイント
  • 1,2時間に一度は枕を裏返す→(枕ハンガーなどを使う時も向きを変える)
  • 夏場なら、最低でも1週間に1度、冬場なら1週間から10日に1度は干す
  • 日没になると、せっかく干した枕が湿気を含んでしまうので、それまでには取り入れる

ぼくは、こんな枕ハンガー・ネットを使っています。
ひとつ持っていると枕を干すハードルが劇的に下がるので、ぼくにとっては毎日きれいで清潔な枕を使うための、半ば必須アイテムです。

しょうや
枕についた寝汗やよだれなどの水分は、ニオイやカビなどの原因になるため、こまめな天日干しが効果的!

洗濯した枕の中の素材が偏ったり、変形した時の対処法

ここでは、ポリエステル枕を洗濯した時に中身が変形したり、端に偏ってしまった時のトラブルの対処法をご紹介します。

軽く揉むか、手で叩く

アキ
脱水も終わって、洗濯機から取り出したら枕の中のポリエステル素材が変形して、偏ってる…。どうしよう。

これを解決する方法はズバリ「軽く揉む」「手で軽く叩く」ことなんです。

これは脱水時に、浴槽の回転による遠心力で、枕内のポリエステルの素材が偏るっていうことなんですが、これ、意外にも「ポリエステル枕洗濯あるある」ですね。

そこでこんなトラブル時に、ぜひやって欲しい対処法がこちら!

対処法
  1. 枕を洗濯ネットから出す
  2. 軽くもみながらポリエステル素材をほぐし、形を整える(軽く手でパンパンと叩くのもOK)
  3. 枕ハンガーなどを使って天日干しする
アキ
この方法でやってみたら、枕が元通りになって良かった-!しかも結構簡単だったしね。

【補足】洗濯前には必ず確認!「洗濯表示マーク」

補足として、ひとつ気をつけて欲しいことがあります。
それは洗濯可能かどうかを「洗濯表示マーク」で確認すること!

枕には必ずと言っていいほど、以下のような洗濯表示マークがついています。あなたの枕が洗濯可能かどうか、また、注意点などもしっかり確認をした上で洗濯を始めましょう。

【洗濯表示マークの一例】

(引用元:花王公式HPより

【洗濯方法を間違えると…】

  • 枕の変形や素材が劣化する
  • 最悪の場合、枕が使い物にならなくなることもある
  • 洗濯機の故障の原因にもなりかねない
しょうや
「めちゃ高かったぼくの枕、洗ったらこんなボロボロになるなんて…」なんてことだけは絶対に避けましょう。

最後に

今回は「ポリエステル枕の洗濯や日常ケア、トラブル対処法」などについて、お話をしてきました。

最初にも書いたんですが、このポリエステル枕は洗濯も出来るし扱いやすいからこそ、天日干しなどのこまめなケアを怠りがちです。

「睡眠は健康の元。快眠は枕から」と言っても過言ではないと思います。

↓こんな記事もあります↓

【枕の重要性】枕があまりにも大切すぎる10の理由!枕の不調は体の不調!?

だからこそ、あなたが毎日の心地よい睡眠と健康のためにも、お使いの枕をしっかりケアしてあげましょう!

今日のまとめ
  • 洗濯表示マークは必ず洗濯前に確認する

【洗濯時のポイント】

  • 洗濯機の場合:枕はデリケートなものなので「ネット+ソフトコース」で洗う
  • 手洗いの場合:ぬるま湯でゆっくり押し洗いして、「すすぎ」や「脱水」は洗濯機でOK

【天日干しのポイント】

  • 日光に当てることで脱臭、殺菌効果があり、湿気が飛んでフカフカの枕になる
  • 日光のよく当たる朝10時~14時頃に干すのが最適
  • ニオイや雑菌防止のため、夏は1週間、冬なら10日に1度は天日干しをする

【脱水時のトラブル対処法】

  • 洗濯機の脱水で枕が変形したり偏った時は、ゆっくり手でもみほぐすか、軽く叩いて形を整える
  • 枕ハンガーなどを使って天日に干す

これで終わりです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

サイト管理人プロフィール
  • 名前:しょうや
  • その正体:普段は普通のデスクワーカー、しかし裏では枕を愛し枕に命を懸けた枕の変態として活躍中
  • 保有資格:寝具ソムリエ、睡眠・寝具インストラクター、快眠セラピスト、安眠インストラクター、睡眠検定1級
  • 趣味:枕に頭を乗せる、枕を抱きしめる、枕を眺める、枕に埋もれる、枕を肴に酒を飲む
  • 覚醒のきっかけ:年中無休の肩こり首こり頭痛に不眠が、神枕のおかげで全消滅した
  • 詳しいプロフィールはこちら →【プロフィール】枕の変態ができあがるまで
  • 最高の眠りを求めた、その果てに。
あなたの1日の睡眠が7時間なら、年間2555時間もあなたの頭と首を直に支え続ける超必須健康グッズ。それが枕です。
その枕を適当に選んだら、あなたの体は大ピンチ!ぼくはそのせいで整体やら整形外科やら、大量のお金を使うハメになりました。
しかし、最高の枕を選べれば……あなたの生活は、突然革命を起こします。
 ⇒ 寝具ソムリエが本気で厳選した最強の枕ランキングBEST3を見る

  • 枕って、そんなに大事なの?
なんとなく適当に、そのへんで選んだ枕を使ってる……それ、ちょっとやばいかも?
枕があなたの体に与える影響は、おそらくあなたの想像の10倍くらい大切なものです。
「えっ?枕ってそんな効果あるの?」という事実を知らない…たったそれだけのせいで、理不尽な体調不良・余計な出費をバンバン重ねるハメになるかも…?
 ⇒ 知らないと損する、枕が重要すぎる10の理由を見る
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA